教室などのお問合せについてまずはぴかぴか(新しい)メールにてご連絡下さいぴかぴか(新しい) ※ただ今、個人体験教室についてはお休みしています

2011年12月30日

インストラクター教室

資格取得を望む理由は色々あるかと思いますが、
「会員価格で材料が購入できるから」という方も少なくないように思います。購入頻度が多い方には確かにお得かと思いますが、資格取得までにかかる時間と費用を充分考慮した上でスタートしましょう。
そして、やればやる程広がる銀世界を、一緒に楽しんでいけたら嬉しく思います。


インストラクター教室(銀粘土技能認定講座)は、
スウィートデザイン
メンズデザイン
アレンジブック
の3つのカリキュラムから課題ごとにお好きなテイストを選び、13種類(又は12種類)の課題作品を制作し、銀粘土の基本的な技術から応用技術までを学びます。
ただし、課題No.11については任意となっています。
※「基礎ブック.A.B(3冊)」は廃盤となりました。

場所:山口県光市 (平日)近辺の公民館など (土曜日)当教室
日時:水・土曜日(祝日を除く)<要予約> 
   AM 10:00〜12:00 / PM 2:00〜4:00
   ※難しい場合はご相談に応じます
時間:2時間 
料金:講習料(電気炉使用・乾燥費用込み) 3,000円
(材料・他道工具は別途必要になります)
※銀粘土は、相田化学工業株式会社限定です
※受講期間は、だいたい月2回で半年〜1年(個人差もあります)必要です

 銀粘土技能認定証は、他の任意団体が発行する資格と違い、公益財団法人 日本生涯学習協議会(所管:内閣府)が交付する非常に公共性の高いものです。そのため、講師活動などを行う際、公の施設(公民館、美術館、学校など)での活動がしやすく、また社会的信頼性も高くなります。
インストラクター教室のメリット


《銀粘土技能認定までの流れ》
課題制作…13作品を制作し、銀粘土の基礎から応用テクニックを学びます。

審査課題制作…3点の審査課題作品を制作し、審査を受けます。
(購入した電気炉の番号が必要です)

技能認定…合格すると銀粘土技能士認定証を取得することができます。 (審査料、技能認定料が必要です)


規定のカリキュラムに沿って技術を学んでいただき、審査に合格されますと、(財)日本余暇文化振興会(所管:文部科学省)が発行する認定証が取得できます。社会的に信頼が高くなり、講師活動などを行う際、公の施設での活動がしやすくなります。
また、アートクレイ倶楽部の会員として、教室運営や創作活動を支援する様々なサポートサービスを受けることができます。

「インストラクターになりたい!!」「お店を出したい!!」などの夢を本気でお持ちの方にはオススメの教室です。






posted by NATUMI at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 銀粘土教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。